後援

  

  

陸上競技

T11


ほぼ完全な視覚障害

 


T11は、ほぼ完全な視覚障害のある走者のクラスです。

一部の選手は、25 cm先にある物体を認識できますが、全員が目隠しをして、視力のあるガイドランナーと一緒に走ります。