後援

  

  

カヌー

KL1


胴体下部と両下肢の動きに重度の障害。

胴体中央と両下肢の動きに重度の障害。

 


KL1は、体幹と両下肢の動きに重度の障害があるカヌー選手のクラスです。

これらのカヌー選手は、両腕、両肩および胴体の上半分を使用して、ボートをバランスを取りながら前に進ませます。これらの競技者は、腰または骨盤の周りの筋肉をコントロールすることができません。